当社社員 海老澤 京子選手応援レポート
~2017年FIDジャパンチャンピオンシップ卓球大会~

2017年07月13日

2017年6月3日(土)~4日(日)に平沼記念体育館(神奈川県横浜市)で開催された「2017年FIDジャパンチャンピオンシップ卓球大会」に当社社員 海老澤 京子選手が出場しました。
 日本知的障害者卓球連盟主催による、知的障がい者の卓球競技の競技力向上を図るための競技性を重視したアスリートによる競技大会。夏と冬の年2回開催。

海老澤選手 競技中の様子

今大会は、初日に4~5名毎のグループリーグを行い、2日目は、1・2位の選手が決勝トーナメントへ、3・4位の選手がフレンドリートーナメントへと進みます。

1日目リーグ戦。海老澤選手と同じグループの2名が棄権、3名での戦いとなりました。

1戦目は海外でも活躍する選手を相手に3-0とストレート負け、2戦目は3-1で勝利するも、得失点差で惜しくもグル―プ3位となり、フレンドリートーナメントへ進むこととなりました。

フレンドリートーナメント1回戦は、3-0のストレートで勝利。

2回戦は接戦の末、フルセットまでもつれこみ3-2で勝利しました。

準決勝は、前半2セットを先取するも3・4セットを取られフルセットの末2-3で敗戦となり、3位決定戦に臨むことになりました。

悔しさのあまり涙を流す海老澤選手。

気持ちを立て直し、3位決定戦では、3-0とストレートで勝利し、3位入賞となりました。

大会終了後、海老澤さんは、「準決勝では、負けてしまったことが悔しくて初めて涙を流してしまいました。冬におこなわれるFIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会では、もっと良い成績がとれるように練習を頑張ります」と話していました。

AD Challenge Supportでは、今後も、チャレンジし続ける海老澤選手を全力で応援します!

「応援ありがとうございます」と海老澤選手

関連記事