「TOKYOパラスポーツパーク@駒沢」で
古崎倫太郎選手・三宅克己氏が車いすバスケットボール体験会に参加!

2022年09月02日

2022年8月20日(土)、駒沢オリンピック公園の中央広場にて東京2020パラリンピック1周年記念事業「TOKYOパラスポーツパーク」が行われ、車いすバスケ・古崎倫太朗選手(福井支店)、三宅克己氏(名古屋・人事総務部)が、東京都主催の車いすバスケットボールの体験会に講師として参加しました。

体験会は、プロバスケットボールチーム「サンロッカーズ渋谷」の選手たちとともに行われ、参加者に競技用車いすのチェアワークやシュート方法を指導しました。車いすをこぎながらのドリブルは、サンロッカーズ渋谷の選手たちにとっても難しかったようで、古崎選手、三宅氏の華麗なゴールには大きな拍手が沸き起こり、会場は大いに盛り上がりました。

チェアワーク指導する古崎選手
サンロッカーズ渋谷の選手と
シュート指導する三宅氏

 

MS&ADインシュランスグループ一体となってブースを出展!

当社ブースでのパネル展示

また、イベントではパラスポーツ支援企業のPRブースも設けられ、当社とMS&ADインシュアランスグループがPRブースを出展しました。

当社PRブースでは、東京2020パラリンピック競技大会に出場した選手の紹介パネルの展示や、車いすバスケットボールの代表ユニフォーム・公式ボールの展示などを行い、本イベント主管の当社広報部だけでなく公務部の社員もブーススタッフとして参加しました。また、車いすバスケットボールのシュート体験ができるコーナーも設け、古崎選手と、三宅氏が、参加者に直接チェアワークやシュートの仕方を指導するなど、当社のスポーツの取り組みを知ってもらうだけではなく、実際に体験をしてパラスポーツの面白さを学んでもらう設えにしました。体験コーナーに参加くださった方々には、当社アスリートの紹介冊子や、MSADグループのエコバックなどをプレゼントし、参加者からは大変好評でした。

 

車いすバスケグッズ展示
古崎さん三宅さん2ショット
シュート体験

 

ブース運営を行った当社社員(広報部・公務部)と古崎選手

 

AD Challenge Supportでは、今後もスポーツを通じた様々な活動に積極的に取り組んでまいります。

関連記事